リンク一覧
閉じる

一般の方へ

 

建築士事務所の方へ

 

東京建築賞 | IR情報 | サイトマップ | お問い合わせ | プライバシーポリシー

ホーム > 情報BOX > BOOK・刊行物

BOOK・刊行物

実務書 建築士事務所の業務書式 建築関係法令等の書式 構造標準図 耐震改修標準図 木造耐 震改修工事標準図 表示板類

新構造標準図(JASS5 2009年版準拠)(2015年版)

概要

一般社団法人 東京都建築士事務所協会が旧来から発行している「構造設計特記仕様および標準図(平成26年4月改訂)」は、通常の施工技術に対応して微修正を積み上げ現在の仕様となり、広く一般に用いられています。しかしながら、鉄筋コンクリート造建物の高強度化が加速され、現在ではFc60までの高強度コンクリートが一般の建物にも採用される状況となっています。
今般、東京都建築行政連絡会の監修を得て、Fc18~Fc60の設計基準強度のコンクリートに対応できる仕様として、「新構造設計特記仕様および標準図」(新構造標準図)を作成しました。新構造標準図はJASS 5 2009年版に準拠しており、最新の仕様が網羅されています。これにより本会の標準図は以下の2種類が発行されることになりますので、これらの標準図に添付されている「解説」を参考に適切に使い分けていただくようにお願いします。新構造標準図 解説

略称 仕様名 準拠仕様 コンクリート 発行日
新構造標準図 新構造設計特記仕様
および標準図
JASS 5 2009年版 Fc60以下 平成27年5月1日
旧標準図 構造設計特記仕様
および標準図
JASS 5 1997年版 Fc27以下 平成26年5月1日

新構造標準図の構成

新構造設計特記仕様 2枚 合計9枚 解説付き
新鉄筋コンクリート造配筋標準図 3枚
鉄骨構造標準図 2枚
壁式鉄筋コンクリート構造配筋標準 2枚

使用方法

サンプル画像

JWCAD、DRACAD、AUTOCADのA2版サイズ1/1縮尺で作成済みのものを入れてあります。他のCADを使用の場合は画像DATA(BMP、JPG、TIF)をファイルに納めてありますので、貴事務所にて画像DATAを貼り付ける等の方法で使用してください。詳しくは使用説明書をご覧ください。

販売終了図書について

活動内容



 

ページ先頭へ